債務整理をすると結婚に影響があるのか?

債務整理をしたために影響がある結婚生活

債務整理のイメージ画像

債務整理を実行すると、結婚の時に影響があるのではないかと思っている方がいますが、債務整理をしないまま、多額の借金があるほうがオオゴトです。

債務整理をしたために結婚に影響する欠点として考えられるのは、家を建てたい時、債務整理後、7年の間は住宅ローンが組めない事です。

7年以上我慢すれば月賦が組めるようになります。

結婚したら必ず家を建てるのかというと賃貸マンションの方が良いという家族もいますし、マイホームを建てるのは、借入ができるようになってからでも遅くないですね。

 

ところで、債務者と債権者の間で借金を整理すると連帯保証人に迷惑がかかってしまうということを知っているでしょうか。

自分自身で返さなくてもよいという事は連帯保証人が代理で支払うという事になるわけです。

ですから、その事を忘れないように心がけて任意整理をしなければならないだと思われますね。

再和解というものが債務整理にはあるのです。

再和解というのは、任意整理後に、また交渉して和解することです。

これは可能な場合と不可能な時がありますので、可能か不可能かは弁護士に相談した上で決めましょう。

債務整理に掛かるお金というのは、やり方によって大きく違ってきます。

任意整理のケースのように、会社の数に応じて安めの料金で行える方法がある一方で、自己破産のように、かなり高めの料金を用意するものもあります。

自ら出費を計算することも必要です。

自己破産をするケースでは、身の回りのものや生活をやり直すための少しの金額の他には、全部引き渡すことになります。

自宅や土地、多数の資産の他に、ローンを返しきれてない車も手放さなくてはなりません。

ただし、他人が支払い続ける事に、債権者が了承すればローンを返済と並行して持っておくこともできます。

個人再生に掛かるお金というのはお願いした弁護士や司法書士次第で違うのです。

貧しいのにそんなの払えるわけがないという人でも分割払いもきくので相談できる事になっています。

困っている人は相談することが大事だと考えています。

個人再生をしても、不認可となるパターンがあったりします。

個人再生をする場合には、返済計画案を出すことになるのですが、これが裁判所で認めてもらえないと不認可としての扱いとなります。

自然な事ですが、認可がおりなければ、個人再生は望めません。

債務整理をしたとしても生命保険をやめなくて良い場合があるでしょう。

任意整理をしたとしても生命保険の解約は必要ありません。

注意する必要が生じるのは自己破産をすることになる時です。

自己破産をする時には裁判所から生命保険を解約するように命じられることがあります。

自己破産とは、借金を返すのがもう絶対に、不可能だということを裁判所から分かってもらって、法律により、借金を取り消してもらえるシステムです。

生活する中で、最低限必要な財産以外のものは、何もかも手放すことになります。

日本国民ならば、誰でも、自己破産をすることが可能です。

任意整理の後、任意整理の話し合いを行った業者より金銭を借りることは有り得ないことになります。

ただ、任意整理後、色々なところから借りていた借金を返し終わったら、およそ5年から10年経てば信用情報機関に、登録済みの情報がキレイに消されますので、それから先は借り入れができるようになるのです。