借入先が銀行の場合の債務整理

債務整理前に預貯金の残高を引き出す

債務整理のイメージ画像

借入先が銀行である場合は、債務整理を行うとその口座での全取引が行えなくなることがあります。

だから、前もって残金を手元においておいた方がいいです。

銀行は利益を失わないように、口座を凍結してそのお金を手放さないようにしてしまいます。

口座が凍結されるのはあんまりだと思うかもしれませんが、銀行側から見れば、そうでなければ困ることなのです。

 

任意整理をやっても、デメリットなんてたいしたものはないと考えてしまいがちですが、実際にはちゃんとあるのを知っていますでしょうか。

それは官報に載るということです。

つまりは、みんなに知られてしまう可能性があります。

これが任意整理のもっとも大きなデメリットということかもしれません。

 

債務整理というワードにあまり聞き覚えのない人もたくさんいると思いますが、自己破産、任意整理、または過払い金請求など、借金で辛い思いをしておられる方が、そういった借金を整理する方法を全てまとめて債務整理と言います。

そのため、債務整理の意味は借金整理法の総称と言えます。

 

個人再生手続きのやり方ですが、これは弁護士に依頼するのが一番スムーズです。

弁護士に任せることで、ほとんど全部の手続きを担当してくれます。

その過程で裁判所に行ったり、債権者との話し合いをすることもありますが、難しいことは全て弁護士にお任せすることができます。

債務整理をした場合、結婚をした時に影響があるのではないかと案じている人がいますが、債務を整理せずに、大きな借金があるほうが問題です。

 

債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、我が家を建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅ローンを借りられない事です。

7年以上間をとればローンが組めます。

 

私はお金を借りたことで差し押さえされそうなので財務整理を決めました。

債務整理をしてみれば借金が大幅に少なくなりますし、差し押さえを免除される事になるからです。

近所にある弁護士事務所で相談にのって頂きました。

家族のような気持ちになって相談に乗ってもらいました。

債務整理をしたら、ブラックリストに記載されて、それが消されるまでの5年は、クレジットカードの審査は通らないと言われます。

とはいえ、5年の年月が過ぎないうちに作成可能な人もいます。

そういったケースでは、借金を完済している場合が多いでしょう。

信用されたなら、クレジットカードを持つことが出来ます。

債務整理をした知り合いからそれについての経緯を聞き知りました。

月々がずっと楽になったそうですごく良かったです。

 

私にも複数の借金がありましたが、もう全部完済済みなので、自分とは無関係です。

債務整理には短所もありますから、全て返しておいて良かったです。

債務整理を悪い弁護士に依頼してしまうと最悪な状況になるので警戒が必要です。

ネットの口コミなどを確かめながら良識を備えた弁護士に依頼しなければものすごく高い手数料を取られてしまったりするので注意を怠らない方がいいでしょう。

注意する必要がありますね。

 

債務整理を行った後で、銀行で住宅ローンを申し込みしてみるとどうなるかというと、利用することはできません。

債務整理をしてしまうと、お金をどこからも借りられなくなり、利用したいと思った場合でもしばらくお待ちください。