借金減額できる債務整理

債務整理の手段

借金が返せなくなってしまうに至る原因は、人それぞれですが、誰しも借入をした時には、返済できるだけの安定した収入があり返済計画も持っていたはずですね。

 

債務整理のイメージ画像

 

ところが、給与の下落やボーナスカットで収入が減ってしまい、ギリギリの無理な返済計画で借りていたり、カードで無計画に買い物をしていたり、複数の借入の総額を把握していなかったりで、支払いが開始してみるとかなりきつい状態だったなんてこともあるでしょう。

 

そもそもは、自分の返済計画に無理がありすぎたということになりますが、一度借りてしまったお金は完済しなければならないし、支払い遅延をしていると利息が加算されていくので、とんでもない借金額になりかねません。

 

消費者金融などで借入をしていた場合は、職場に取り立ての電話が入るようになったりもします。

 

取り立てから逃れようとして、別の消費者金融で新たな借入をして支払いに回したりする人もいますが、借金は減ることなく、下手をすると多重債務者になってしまい、どうにもならない状態になったりします。

 

債務整理をする人の多くは、どうにもならない状態になるまで悪循環を繰り返している人も多いようですが、自分の収入では借金を返す見込みが立たなくなったら、早めに債務整理をした方が良いです。

 

債務整理の手段は、弁護士や司法書士に依頼してする、任意整理、個人再生、自己破産と、簡易裁判所を利用して自分で行える特定調停があります。

 

自分の借金が、任意整理で完済できるようであれば、特定調停も可能だと思いますが、借入期間が長い場合に発生する、過払い金請求は特定調停ではできないようです。

 

個人再生や自己破産の手続きになると、弁護士や司法書士に依頼して裁判所を介して手続きをしてもらう方が良いですね。

 

自分の借金問題を解決する債務整理の方法を、個人情報なしで債務整理の無料相談ができる、匿名無料診断シュミレーターなども利用できるようです。